Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
ブロとも申請フォーム
RSS
My favorite

富士山
富士山

痛みを乗り越えて「生きる」という
希望に満ちた4つの短編集。
切なくて優しくて、力強くて厳しくて
神々しさすら感じた。



塩狩峠
塩狩峠

どう生きるべきか深く考えさせ
られた。心の奥底にずしんとくる力強い何かをもらったような気がします。
まさに心揺さぶられた一冊。



風の谷のあの人と結婚する方法
風の谷のあの人と結婚する方法

学び、人間関係、時間などをテーマに、カジュアルな 語り口調で、大切なことを教えてくれる本。
WE ARE ALL ONE.



自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

仕事、恋愛・結婚、お金など、ポジティブな捉え方が述べられている。
何度も読み返したい一冊。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の子供たち / 梁 石日
闇の子供たち闇の子供たち
(2002/11)
梁 石日

商品詳細を見る



Story :
貧困に喘ぐタイの山岳地帯で育ったセンラーは、もはや生きているだけの屍と化していた。実父にわずか八歳で売春宿へ売り渡され、世界中の富裕層の性的玩具となり、涙すら涸れ果てていた…。
アジアの最底辺で今、何が起こっているのか。幼児売春。臓器売買。モラルや憐憫を破壊する冷徹な資本主義の現実と人間の飽くなき欲望の恐怖を描く衝撃作。 (「BOOK」データベースより)


Review :
衝撃でした。 実に衝撃的。
あくまでフィクションということですが、おそらくこういう現実は存在してるんだろうと。

ゴキブリや蜘蛛を食べて飢えを凌ぐだとか
まだ10歳にもならない少年少女が売春を強要されるだとか
生きたまま内臓を切り取られるだとか。
描写があまりにも生々しすぎて 何度も背筋が凍る思いでした。
人間てここまで残酷になれるものだろうか。。

「飢えほど恐ろしいものはない
  飢えは暴力や死をも凌駕する絶望なのだ」


裕福な日本で生まれ育った私からすると
想像もつかないけれど、
たった数万円で子供を売り飛ばしてしまう親も
暴力や殺人を何とも思っていないマフィアも
恐ろしいほどの飢えと暴力に囲まれて生きてきたのかもしれない。
彼らが求めるのは、絶望を避けるためのお金なのかも。

今こうしている間にも
何万人・何十万人もの子供たちが苦しんでるかと思うと
本当にいたたまれません。

読み進めるうちに、結局誰が悪者なのかよく分からなくなってしまいました。
親? マフィア? 国? ペドファイル(児童性愛者)?
日本人もその顧客の一人であること、
ODAによる金銭的援助も、政府やマフィアが搾取して 本当に貧しい人の元にはほとんど渡らないという現実を知り愕然としました。
かと言って自分に何ができるのかも分からない。
まったくもって救いがない。

まずは現実を知ることから、ですかね。。
少しでも多くの人がこの本や映画を見て
何かしなければ、と思うことを願います。

スポンサーサイト

PLEASE POST YOUR COMMENT













| BLOG TOP |
http://ikekobook.blog105.fc2.com/tb.php/203-4be0176f
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
現代小説を中心に読みます。

好きな作家は、
村上春樹、山田詠美、伊坂幸太郎、
川上弘美、江國香織、よしもとばなな etc.
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
投票する!

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのDVD鑑賞記

↓BOOKOFF は私のトモダチ



My favorite

ブレイブ・ストーリー (上)
ブレイブ・ストーリー

主人公・ワタルの冒険を通して現実世界の厳しさ、成長、友情、親子の愛情などが語られる。一見子供向けっぽいけど、実は大人向けのメッセージも込められてるように思う。勇気づけられました。



思いわずらうことなく愉しく生きよ
思いわずらうことなく愉しく生きよ

三人の姉妹はとても個性的で、ポリシーを持って生きていて、のびやか。
こんな家庭って結構いいかも。



ラッシュライフ
ラッシュライフ

面白い!いくつかの話の登場人物が少しずつ絡まっていて、最終的にニヤリとできるサスペンス。



暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ

ミチルとアキヒコの控えめだけど
温かい二人の交流のシーンが
すごく好き。



アクセスランキング

Copyright © いけこのBOOKレビュー All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。