Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
ブロとも申請フォーム
RSS
My favorite

富士山
富士山

痛みを乗り越えて「生きる」という
希望に満ちた4つの短編集。
切なくて優しくて、力強くて厳しくて
神々しさすら感じた。



塩狩峠
塩狩峠

どう生きるべきか深く考えさせ
られた。心の奥底にずしんとくる力強い何かをもらったような気がします。
まさに心揺さぶられた一冊。



風の谷のあの人と結婚する方法
風の谷のあの人と結婚する方法

学び、人間関係、時間などをテーマに、カジュアルな 語り口調で、大切なことを教えてくれる本。
WE ARE ALL ONE.



自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

仕事、恋愛・結婚、お金など、ポジティブな捉え方が述べられている。
何度も読み返したい一冊。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩狩峠 / 三浦綾子
塩狩峠 (新潮文庫) 塩狩峠 (新潮文庫) お気に入り!
三浦 綾子 (1973/05)
新潮社
この商品の詳細を見る


Story :
結納のため札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車が、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れ、暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた…。明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らの命を犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、人間存在の意味を問う長編小説。
(「BOOK」データベースより)


Review :
大変にキリスト教色の強い作品だったけれど、宗教とは関係なく人としてどのように生きるべきなのかということについて、深く考えさせられた。
泣ける、というのとはちょっと違う、でも心の奥底にずしんとくる力強い何かをもらったような気がします。
まさに心揺さぶられた一冊。

何より、この作品の主人公・信夫に長野政雄氏という実在のモデルがいることに驚かされた。
もちろんすべてが事実ではないと思うけれど、それでもこのような考えを持って、実際に行動した人がいたなんて、正直信じがたい思いがする。でも信夫は決して清らかなだけの人間ではない。劣情を抱くこともあれば、損得を計算して行動しようかと考えたりもする。
自分自身にも覚えのあるような心の葛藤がとても丁寧に描写されているので、一つ一つのエピソードで主人公に感情移入しやすかった。
そして、生身の人間としての信夫を感じることにより、彼も自分と変わらないただの人なのだと実感させられ、自分を省みるきっかけにもなった。
人は自分の意思次第でどのようにも生きられるんだと、生きること・人間の限りない可能性に感動すら覚えました。

「いついかなる瞬間に命を召されても、喜んで死んでいけるように」
という言葉が印象的だった。

これは自己犠牲についての言葉なのかもしれない。
でも悔いの残らないように、日々善く生きるべきだという意味にもとれる。

生きることはすなわち、自分を表現することなのかもしれない。
一挙手一投足がすべて自分を表現していると思うと、悪いことはしたくないなぁと思う。 もちろん自分が信夫と同じような行動がとれるとは思えない。思えないけれども少しでも彼に近づけるような自分でありたいと強く思った。
かなりオススメです。
スポンサーサイト

PLEASE POST YOUR COMMENT













| BLOG TOP |
http://ikekobook.blog105.fc2.com/tb.php/188-776bc285
塩狩峠塩狩峠(しおかりとうげ)とは、北海道比布町と和寒町の間にある峠である。標高は263mで天塩国と石狩国の境にあり、天塩川水系と石狩川水系の分水界上でもある。また、道央と道北の境界とされる場合もある。1900年(明治33年)に現在の宗谷本線が、2000年(平成12年)
峠を疾走す!!! 【2007.10.09】 []
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
現代小説を中心に読みます。

好きな作家は、
村上春樹、山田詠美、伊坂幸太郎、
川上弘美、江國香織、よしもとばなな etc.
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
投票する!

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのDVD鑑賞記

↓BOOKOFF は私のトモダチ



My favorite

ブレイブ・ストーリー (上)
ブレイブ・ストーリー

主人公・ワタルの冒険を通して現実世界の厳しさ、成長、友情、親子の愛情などが語られる。一見子供向けっぽいけど、実は大人向けのメッセージも込められてるように思う。勇気づけられました。



思いわずらうことなく愉しく生きよ
思いわずらうことなく愉しく生きよ

三人の姉妹はとても個性的で、ポリシーを持って生きていて、のびやか。
こんな家庭って結構いいかも。



ラッシュライフ
ラッシュライフ

面白い!いくつかの話の登場人物が少しずつ絡まっていて、最終的にニヤリとできるサスペンス。



暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ

ミチルとアキヒコの控えめだけど
温かい二人の交流のシーンが
すごく好き。



アクセスランキング

Copyright © いけこのBOOKレビュー All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。