Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
ブロとも申請フォーム
RSS
My favorite

富士山
富士山

痛みを乗り越えて「生きる」という
希望に満ちた4つの短編集。
切なくて優しくて、力強くて厳しくて
神々しさすら感じた。



塩狩峠
塩狩峠

どう生きるべきか深く考えさせ
られた。心の奥底にずしんとくる力強い何かをもらったような気がします。
まさに心揺さぶられた一冊。



風の谷のあの人と結婚する方法
風の谷のあの人と結婚する方法

学び、人間関係、時間などをテーマに、カジュアルな 語り口調で、大切なことを教えてくれる本。
WE ARE ALL ONE.



自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

仕事、恋愛・結婚、お金など、ポジティブな捉え方が述べられている。
何度も読み返したい一冊。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のように黒い夜 / ジョン・ハワード グリフィン
私のように黒い夜―肌を焼き塗り黒人社会へ深く入った白人の物語私のように黒い夜―肌を焼き塗り黒人社会へ深く入った白人の物語 お気に入り!
(2006/07)
ジョン・ハワード グリフィン

商品詳細を見る


Story :
1959年アメリカ合衆国、命を脅かすほどの黒人差別が暗黙のうちに認められていた時代。闇に閉ざされた実態を明らかにするため、全身を黒く変色させ、米国南部へ潜入した白人ジャーナリストがいた。当時、世界に衝撃を与えた“南部の旅”日記に、その後の余波、著者の経歴を含むあとがき等が大幅加筆。 (「BOOK」データベースより)


Review :
衝撃的でした。
お恥ずかしながら、ほんの50年前までアメリカでこんなに堂々と差別が行われていたことを知りませんでした。白人専用のトイレやお店なんて、奴隷時代の話なのかと・・・
黒人として生活した著者だからこそ、リアルな黒人の環境・考え方が記されていてすごく分かりやすかったです。

いい白人たち--あからさまに黒人を別紙しない白人たち--は、よく働き、よく学んで、自力で立ち上がれと、私たちを促した。そういうことが可能であると、心から信じていたのだ。
(中略)
”白人専用” という表示はないが、そういった学校や図書館に入ろうとするのは、自殺的な行為だということを、私たちは知っていたのである。


アメリカでもアフリカでもアジアでも、教育さえちゃんと受ければ ある程度の社会的権利を得られるのかと考えていた私がバカでした。
勉強をしてもまともな職につけない状況であれば、勉強する気もなくなるよね。。。
人間を成長させるのは、環境と希望なんだということを改めて実感しました。

この本を読むと、オバマ大統領就任がどれだけ素晴らしい事実なのかということがよく分かります。
この機会にぜひ多くの方に読んでもらいたい一冊。





スポンサーサイト
青い鳥 / 重松清
青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清

商品詳細を見る


Story :
村内先生は中学の臨時講師。言葉がつっかえて、うまくしゃべれない。でも、先生は、授業よりもたいせつなことを教えてくれる。
いじめ、自殺、学級崩壊、児童虐待・・・ すべての孤独な魂にそっと寄り添う感動作。
(「BOOK」データベースより)


Review :
映画化されるということで、読んでみました。
「疾走」 でも感じたけど、中学生が感じる孤独感とか痛みの描写がすごく上手で、自分の学生時代を思い出してちょっと切なくなるほどでした。友達のちょっとした意地悪、大人のちょっとした一言で深く傷ついたりするんだよねぇ。

そんな中、村内先生の熱すぎず冷たすぎない距離感がすごく心地よく感じました。
特に 「おまもり」 と 「カッコウの卵」 が私は好きかな。
「嘘をつくのは、その子がひとりぼっちになりたくないからですよ」
これは名言だなぁ。

「そばにいる」 ってこんなに温かいものなんだってしみじみ
特に子どもにとっては、そういう人って本当に必要で、大切な存在だと思います。「教える」だけじゃなくて「見守る」っていうのかな?
自分にはまだ子供はいないけど、村内先生みたいに懐が広くて温かい親になりたいなぁと思いました。

とは言え、中学生がこんなにすぐに先生に心を許すもんだろうか?
と夢のないことを考えてしまったのも事実。
どれもすごく良い話だったけど、ベタすぎて都合良すぎたような気も・・・。私がひねくれちゃってるのかもしれませんが(笑)。
中高生の感想を聞いてみたいような気もしますww

映画では阿部寛さんが村内先生を演じるとのことですが、吃音も含めてどんな演技を見せてくれるのか楽しみ。

映画公式サイト →
自分が輝く7つの発想 ― ギブ&テイクからギブ&ギブンへ / 佐々木 かをり
自分が輝く7つの発想―ギブ&テイクからギブ&ギブンへ (知恵の森文庫) 自分が輝く7つの発想―ギブ&テイクからギブ&ギブンへ (知恵の森文庫)
佐々木 かをり (2001/12)
光文社
この商品の詳細を見る


Story :
フリーランスの通訳を経て20代で会社を設立。結婚、子育てと並行して働く女性のためのネットワークづくり、さらに国際会議の主催からニュース番組リポータ、講演、執筆と活動を続ける著者。その原動力は何か。(「BOOK」データベースより)


Review :
佐々木さんのポジティブな思想がつまった本でした。
どんどんチャンスをモノにしてバリバリ働く佐々木さんの生き方はまぶしすぎて、凡人の自分とは天と地ほどの差があるように感じたけど、ここで提案されていることはどれもすぐに実践できるもので、積み重ねていけば、少しは佐々木さんに近づけるのかも、という前向きな気持ちになれました。

ここでは7つのポイントに分けて解説されていたけれども、すべてに通じる考え方は、「ギブ&ギブン」 つまり、与えるということ。自分も他人も、同じように尊重して愛を与えることだと感じました。
中でも印象に残ったのが、

「大切なのは、本人の意志次第で一瞬のうちにギバーにもテイカーにもなれる、ということである」

という言葉。
今からでも全然遅くないんだ。
気付いたからには、ギバーな自分であろうと思います。
まずは簡単にできる笑顔と挨拶から始めてみようかな。


そして、もう一つ心に残ったのが 「私はなぜ地球上に生まれてきたのだろう」 というお話。
ちょうど先日、別の方からも 「使命を考える」 という話を伺ったところだったので、非常に心に残りました。キチンと生きてる人はみんな、自分の命の使い方を意識してるんだなぁと思った。

私の使命は何だろう??
まだよく分からないけど、せっかくブログを書く機会をもちえたのだから、自分が良いと感じたことを記事にして、誰かがそれに共感してくれたら、少しは世の中の役に立つのかなぁというようなことを考えました。なんかちょっと恥ずかしいけど。
ちゃんと生きなきゃ、と思わせてくれた一冊。

流星ワゴン / 重松 清
流星ワゴン流星ワゴン
(2002/02)
重松 清

商品詳細を見る


Story :
主人公の永田一雄の前に、1台のワゴン車が止まったことからこの物語は始まる。ワゴン車には橋本義明・健太親子が乗っており、彼らはなぜか永田の抱えている問題をよく知っていた・・・(「Amazon.co.jp」より)


Review :
私にとってこの作品にはポイントが2つあった。
1つは自分自身の人生について。
あの時ああ言えばよかった、こうすればよかった、と過去を後悔するのではなく、大切な場所に戻ったつもりになって、これからを前向きにとらえればいい。今からでも遅くない、ちょっとでも踏み出せば何かが変わるんじゃないか。そんな希望を持てた。

もう1つは自分と父親の関係を見直すこと。
ちょうど自分が両親を一人の人間として見てみようと思い始めた時期だったので、すごく心に沁みた。子の立場から見ると父親の言動を誤解したりまったく意図が理解できなかったりすることは多々あるけれど、一人の人間として見れば、それらに対して同情したり納得したりできるのかもしれない。
怖いだけだと思っていた父親 (チュウさん) が、実はカズのことを詳しく知ってたりするところに親の愛情の深さを感じた。親だって一人の人間として妻や子供との関係で悩んだりしながら試行錯誤を繰り返して生きてきたんだろうと思うと、自分の中の稚拙なわだかまりが溶けていくような気がした。
何年か後、自分が子供を持ってから再び読み返してみたい。
風の谷のあの人と結婚する方法 / 須藤元気
風の谷のあの人と結婚する方法風の谷のあの人と結婚する方法 お気に入り!
(2006/07/28)
須藤 元気

商品詳細を見る


Story :
効率よく「物質」を生み出すよりも効率よく「幸福」を生み出すべきである-。 学び、人間関係、心のコントロール、時間などをテーマに、独自の哲学や思想を繰り広げる。
(「MARC」データベースより)


Review :
カジュアルな語り口調で、大切なことを教えてくれる本です。
前著より具体的で、実生活に役立つ言葉が盛りだくさん。
一番心に残ったのは、
「『私が』幸せになるのではなく、『私たちが』幸せになる」
という言葉。
他者への思いやりや感謝の念を持つことが自分自身の幸せにつながる。つまりは "We are all one." 妙に納得してしまった。

同じようなことが書いてある自己啓発本はさんざん読んできたけど、ここまで心にストンと入り込む本は初めて。
それが元気さんの文才なのか私のメロメロっぷりなのかは謎。
イヤ、でも他の方が読んでも十分楽しめると思うよ、多分・・・
(すでに客観的な目を失っているので自信がない)

節ごとにオチが入ってるんですど、アニメから下ネタまで幅広く、彼の引き出しの多さにも驚かされます。私生活も垣間見えてファンとしては嬉しい限り。
キレイなブルーの表紙も、ロマンティックなタイトルも好き。

いずれにしろ、このタイミングでこの本に出会えたシンクロが嬉しい。
これから何度も読み返そうと思います。ありがとう。
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
現代小説を中心に読みます。

好きな作家は、
村上春樹、山田詠美、伊坂幸太郎、
川上弘美、江國香織、よしもとばなな etc.
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
投票する!

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのDVD鑑賞記

↓BOOKOFF は私のトモダチ



My favorite

ブレイブ・ストーリー (上)
ブレイブ・ストーリー

主人公・ワタルの冒険を通して現実世界の厳しさ、成長、友情、親子の愛情などが語られる。一見子供向けっぽいけど、実は大人向けのメッセージも込められてるように思う。勇気づけられました。



思いわずらうことなく愉しく生きよ
思いわずらうことなく愉しく生きよ

三人の姉妹はとても個性的で、ポリシーを持って生きていて、のびやか。
こんな家庭って結構いいかも。



ラッシュライフ
ラッシュライフ

面白い!いくつかの話の登場人物が少しずつ絡まっていて、最終的にニヤリとできるサスペンス。



暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ

ミチルとアキヒコの控えめだけど
温かい二人の交流のシーンが
すごく好き。



アクセスランキング

Copyright © いけこのBOOKレビュー All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。