Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
ブロとも申請フォーム
RSS
My favorite

富士山
富士山

痛みを乗り越えて「生きる」という
希望に満ちた4つの短編集。
切なくて優しくて、力強くて厳しくて
神々しさすら感じた。



塩狩峠
塩狩峠

どう生きるべきか深く考えさせ
られた。心の奥底にずしんとくる力強い何かをもらったような気がします。
まさに心揺さぶられた一冊。



風の谷のあの人と結婚する方法
風の谷のあの人と結婚する方法

学び、人間関係、時間などをテーマに、カジュアルな 語り口調で、大切なことを教えてくれる本。
WE ARE ALL ONE.



自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

仕事、恋愛・結婚、お金など、ポジティブな捉え方が述べられている。
何度も読み返したい一冊。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルカ / よしもとばなな
イルカイルカ
(2006/03/20)
よしもと ばなな

商品詳細を見る



Story :
妊娠、出産…よしもとばななの新境地!まだこの世にやってきていないある魂との出会いの物語。 (「MARC」データベースより)


Review :
コレ、好きです。
書いてあることにいちいち納得しながらスイスイ読み進められました。
違う目線で見れば複雑な人間関係が都合よく進みすぎな気はするものの、それが至極当然のように感じられる説得力のある文章がスゴイ。

「こどもは(二人を)つなぐものであるけれど、しばるものではない」

という言葉がすごく印象に残った。
こどもができました、だから結婚しなくては・・・ではなくて、もっとシンプルに、相手のことを好きか、一緒にいたいか、子供が欲しいかを感じることが大切なんだと思う。
もちろん現実はずっと厳しいし、無責任な考え方だという人もいるだろうけど、それこそが本来のあり方のような気がする。無理して形にはめようとすると破綻するというかなんというか。

まあとにかく私も五郎のような人と品川水族館に行ってイルカを見て、そしてピカピカでホカホカのカワイイ赤ちゃんが欲しいよ。そういうことかな?(笑)
ちなみに「二発目で妊娠した」 というような突然ドキっとさせるような直截な物言いもツボ(笑)。
スポンサーサイト
海のふた / よしもとばなな
海のふた 海のふた
よしもと ばなな (2006/06)
中央公論新社
この商品の詳細を見る



Story :
今年も泳がせてくれてありがとう。今年もこの海があってくれて、ありがとう。第二の故郷と言える西伊豆・土肥へのよしもとばななの恩返し。版画家・名嘉睦稔とのコラボレーションによる一冊。 
(「MARC」データベースより)


Review :
地元を愛し、はじめちゃんにすごく優しいまりちゃんは最初はちょっと優等生的な感じがしたけど、実ははじめちゃんを足手まといに思う気持ちがあったりちょこちょこ恋愛じみたものをしていたり、まったくフツウの女の子だいう事が分かり、その等身大加減がとてもよかった。さすがよしもとばなな、的な本です。
High and dry (はつ恋) / よしもとばなな
High and dry (はつ恋) High and dry (はつ恋)
よしもとばなな (2004/07/23)
文藝春秋
この商品の詳細を見る



Story :
だれもが待っていた魔法のような物語。
14歳の夕子のはつ恋の相手は20代後半の絵の先生。ちょっとずつ、歩みよって、仲良くなっていく ふたりに訪れた小さな奇跡とは──
(出版社/著者からの内容紹介より)


Review :
表紙のイラストの可愛らしさに惹かれて即買。
確かに絵がかわいくて 初恋のイメージにぴったりなんだけど、読み進めるうちに内容と絵とのギャップを感じてしまい残念。ストーリーは恋愛だけにとどまらず、魂とか家族との絆も入っていて楽しめたけど、夕子が14歳にしては大人びすぎてるのと、初恋がこんなにトントン拍子に進むわけない!(嫉妬) のとで、リアリティのなさを感じてしまった。よしもと作品にリアリティを求めた私が悪いのかな?
王国 その1・その2 / よしもとばなな
王国―その1 アンドロメダ・ハイツ― 王国―その1 アンドロメダ・ハイツ―
よしもと ばなな (2002/08/22)
新潮社
この商品の詳細を見る



Story :
薬草茶づくりの名手であるおばあちゃんと、小さな山小屋に暮らす女の子・雫石。心豊な生活を営む2人だったが、18歳になったとき山を降りた雫石は、不思議な力をもつ占い師・楓のもとでアシスタントとして働くことになるが…。 (「Amazon.co.jp」より)


Review :
なんだか、すごくいい本だった。読後感スッキリ!とかではないけど、ほわーっと温まるような、元気が出るお話でした。人はみんな寂しいんだよな、普段はなんてことない周りの人だって、いてくれてありがたいものなんだよな、と謙虚に思えるようになりました。
最近のよしもと作品のテーマの集大成みたいな本です。
キッチン / 吉本ばなな
キッチン キッチン
吉本 ばなな (1998/06)
角川書店
この商品の詳細を見る



Story :
唯一の肉親であった祖母を亡くし、祖母と仲の良かった雄一とその母(実は父親)の家に同居することになったみかげ。日々の暮らしの中 何気ない二人の優しさに彼女は孤独な心を和ませていくのだが…。(出版社/著者からの内容紹介)


Review :
えり子さんの強烈なキャラと、その生き方が大スキです。
温かくて強くて、私も悲しいことがあったらえり子さんの家に住まわせてもらいたい。みかげの勤務先に雄一のガールフレンドが乗り込んでくるシーンが結構スキ。「ムーンライト・シャドウ」も泣けます。
「海燕」新人文学賞、泉鏡花文学賞 受賞。
1989年 森田芳光監督 川原亜矢子 主演で 映画化。
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
現代小説を中心に読みます。

好きな作家は、
村上春樹、山田詠美、伊坂幸太郎、
川上弘美、江國香織、よしもとばなな etc.
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
投票する!

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのDVD鑑賞記

↓BOOKOFF は私のトモダチ



My favorite

ブレイブ・ストーリー (上)
ブレイブ・ストーリー

主人公・ワタルの冒険を通して現実世界の厳しさ、成長、友情、親子の愛情などが語られる。一見子供向けっぽいけど、実は大人向けのメッセージも込められてるように思う。勇気づけられました。



思いわずらうことなく愉しく生きよ
思いわずらうことなく愉しく生きよ

三人の姉妹はとても個性的で、ポリシーを持って生きていて、のびやか。
こんな家庭って結構いいかも。



ラッシュライフ
ラッシュライフ

面白い!いくつかの話の登場人物が少しずつ絡まっていて、最終的にニヤリとできるサスペンス。



暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ

ミチルとアキヒコの控えめだけど
温かい二人の交流のシーンが
すごく好き。



アクセスランキング

Copyright © いけこのBOOKレビュー All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。