Recent Entries
Recent Comments
Recent Trackbacks
Links
ブロとも申請フォーム
RSS
My favorite

富士山
富士山

痛みを乗り越えて「生きる」という
希望に満ちた4つの短編集。
切なくて優しくて、力強くて厳しくて
神々しさすら感じた。



塩狩峠
塩狩峠

どう生きるべきか深く考えさせ
られた。心の奥底にずしんとくる力強い何かをもらったような気がします。
まさに心揺さぶられた一冊。



風の谷のあの人と結婚する方法
風の谷のあの人と結婚する方法

学び、人間関係、時間などをテーマに、カジュアルな 語り口調で、大切なことを教えてくれる本。
WE ARE ALL ONE.



自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本

仕事、恋愛・結婚、お金など、ポジティブな捉え方が述べられている。
何度も読み返したい一冊。



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白夜行 / 東野 圭吾
白夜行白夜行 お気に入り!
(1999/08)
東野 圭吾

商品詳細を見る



Story :
つねに悪のふきだまりを生きてきた男と、理知的な顔だちで男たちを惹きつけ、関わった人間を不幸にしてしまう女…。幼くして冥い運命の扉を叩いた男と女の軌跡を、18年前の質屋殺しを執拗に追う老刑事の執念に絡めて描く。(「MARC」データベースより)


Review :
すごい面白かった!!
500ページを超える長編ですが、どうしても止められずに一日で読みきってしまいましたww

ドラマは見てなかったんですが、第1話と最終回だけチラっと見たことがあって内容がなんとなく分かっていたのが本当に残念。
ドラマでは最初に二人の子供時代が描かれていましたが、原作では最後までそれが隠されています。ドラマをチラ見さえしてなければきっと何倍も楽しめただろうなぁ。。。

あまりにも暗くて救いのない話だったので☆半分マイナスしましたが、読み物としては大変面白かった。秀作です!
「風と共に去りぬ」 も本&映画を見返してみようかな。





ドラマDVD&写真集


スポンサーサイト
ツ、イ、ラ、ク / 姫野カオルコ
ツ、イ、ラ、クツ、イ、ラ、ク
(2003/10)
姫野 カオルコ

商品詳細を見る


Story :
森本隼子、14歳。地方の小さな町で、彼に出逢った。ただ、出逢っただけだった。雨の日の、小さな事件が起きるまでは。苦しかった。切なかった。ほんとうに、ほんとうに、愛していた―。姫野カオルコの新境地、渾身の思いを込めて恋の極みを描ききった長編小説。
(「BOOK」データベースより)


Review :
この作品の続編というかスピンオフというか、サイドストーリーを描いた 「桃」 を読んでたまらなくなり、4年ぶりに再読してみました。

かなり印象に残っていた作品でしたが、
やっぱりスゴイ!

表現力というか、描き方が素晴らしいです。
小説というよりはシナリオのような、まるでドラマでも見ているかのようにアリアリと情景が浮かんできました。

特に小学生・中学生の描き方がものすごくリアル。
意地悪なこととかズルイこととかエッチなこととか(笑)、
ああ、私もこのくらいの時こういうこと考えてたなぁ、
こういう子いたよなぁと、どこか恥ずかしい気持ちで思い出してしまいました。

10代の頃って自意識が強くて、生きている世界も狭くて、
今よりずっと生き辛かった気がします。
自分が経験してきた時代が描かれてるからこそ、主人公にも感情移入しちゃったのかな。

具体的なことを言うと、二人が恋に落ちたきっかけというのが
なんとなく納得できないというか、
最初は好奇心から始まったんじゃないか?とも思われましたが
それはそれでまたリアルなのかも。

前半は小中学生って子供だわ、と思ってたのに
突然スコーンっと濃厚な恋愛(官能)の世界に落ちて
すごい勢いでハマり、一気に読破してしまいました。
まさにツイラク。

結末が読めてしまったが残念ですが、面白いです。
読み終えた今、また 「桃」 を読み返してみたい気分。
セットでオススメ。


対訳 ピ・チョンドゥク随筆集

対訳 ピ・チョンドゥク随筆集 (名作文学で学ぶ韓国語シリーズ)
対訳ピ・チョンドゥク随筆集 (名作文学で学ぶ韓国語シリーズ)
(2006/10)
皮 千得 / 李 春子訳
商品詳細を見る


Story :
韓国の国民的作家、ピ・チョンドゥクの代表的なエッセー16編を厳選し、対訳で紹介します。なかでも、若い頃日本で滞在した家の娘「朝子」との出会いについて綴った『因縁』は、韓国では知らない人がいないほど有名。 (「Amazon.co.jp」より)


Review :
映画 「僕の彼女を紹介します」 の中で印象的なアイテムとして使われてから ずっと気になっていたこの作品。
ようやく読みました。

正直、最初はあまりピンとこなかったんですが
しばらく読み進めるうちに 作品のもつ独特の空気感のようなものに引き込まれるようになりました。
何回かに分けて読んだんですが、本を閉じた後、心がすーっと落ち着くような、でもどこか少しさみしいような、うまく表現できないけど 不思議な気持ちになることに気付きました。

「随筆」 というタイトルの作品の中で著者自身が
「随筆は心の散策である。その中には人生の香りや余韻が隠れているのだ」 と書いているのを見つけた時、これだ!という気持ちでした。
私が感じていたのは、まさにこの 「余韻」 だったんですね。

日常の何気ないことが書いてある作品がほとんどなのに
著者の目を通すと美しさや優美さが増すような気がする。
すごく心の中が豊かな方だったんだろうなぁと思いました。

1910年の韓国生まれなのに (という言い方は失礼かもしれませんが)
「女性の結婚年齢は20代でもよく、30代でもよく、それ以上の年齢で結婚しても幸せに生きることができる」 と書いているあたり、常識にとらわれない、自分自身の目でものを見ることができる方なんだろうと思います。 (負け犬としてはこの文章がすごく嬉しかった : 笑)

人生を豊かにするのは自分自身なんだと改めて気づかされました。
またしばらくしたら読み返してみたい名作です。
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本 / 原田真裕美
自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本 自分のまわりにいいことがいっぱい起こる本 お気に入り!
原田 真裕美 (2003/12/20)
青春出版社
この商品の詳細を見る


Story :
幸運も不運も選んでいるのは自分自身。本当の自分が望んでいることなら、必ず幸せに出会える。ニューヨークで活躍中のサイキック・カウンセラーが初めて書き下ろした幸運のセラピー。自分で自分を幸せにする方法を伝授する。 (「MARC」データベースより)


Review :
サイキック・リーティングを行う方が書いているので 「魂」 や 「直感」 という言葉が何度も出てくるけれども、要はよりよく生きるための考え方が書かれているのだと思う。
仕事、恋愛・結婚、お金など、それぞれのテーマについて、ポジティブな捉え方が述べられています。

「悪い人間関係にぶつかることで、どれだけ慈愛の精神を持てるかを試されている」
「仕事は文字通り『仕える事』です。自分の能力を他人に奉仕するということ」

という言葉がすごく心に響いた。
つらい時こそ自分を磨く最大のチャンスなのだと思う。
好き嫌いはあるかもしれないが、自分にとっては胸に染みこむ良い言葉がたくさんあり、何度も読み返したい一冊になりました。
終業式(ラブレター)
終業式 終業式
姫野 カオルコ (2004/02)
角川書店
この商品の詳細を見る


Story :
かけがえのない高校生だった日々を共に過ごした四人の男女。卒業から20年のあいだに交わされた、あるいは出されることのなかった手紙、葉書、FAX、メモetc.で全編を綴る。
※文庫化と同時に「終業式」に改題。
(「BOOK」データベースより)


Review :
うー、なんなんだこの臨場感。すごく引き込まれて一気に読んでしまった。登場人物とは世代も違うし、もちろん物語だと分かっていながら、自分の青春時代の手紙や交換日記を思い出してものすごくシンクロできた。
「ツ、イ、ラ、ク」もそうだったけど、中高生のノスタルジックな描写がとても上手な方だなと思う。 (ちなみに、保坂さんがカルトQで優勝したというエピソードも結構ウケた。うぷぷ。)
内容はすべて手紙で構成されていて何の説明もないんだけど、ああ、別れちゃったんだとか、あ、次はこの人と付き合うんじゃないの?? とかいろいろ想像できて楽しめる。そして特に、出さずに捨てられてしまった手紙たちには登場人物の赤裸々な独白が記されていたりして、幸せになるためにもがいている様子が痛いほどに伝わってきて何度も胸が熱くなった。
彼らの20年間を見ていてしみじみと思ったのは(文中にも書いてあったと思うけど) 男と女はタイミングだなぁということ。お互い好き同士でもすれ違ってしまうことってあるのよね。これぞまさに縁というヤツなんだろうか・・・。

読み終えた今、青春時代に交わした膨大な手紙の山を、もう一度読み返してみたくなった。そしてそんな時代を一緒に過ごしてくれた友達がさらに愛しく感じられた。私も大切な誰かに手紙を書いてみようかな。
Category
Search
Profile

いけこ

Author:いけこ
都内で働く30代派遣OL。
現代小説を中心に読みます。

好きな作家は、
村上春樹、山田詠美、伊坂幸太郎、
川上弘美、江國香織、よしもとばなな etc.
コメント・TBお待ちしてます。

↓ランキングに参加してます。
気に入ったらクリックお願いします!
投票する!

↓姉妹ブログもよろしくネ!
27歳の記録(日記)
いけこのDVD鑑賞記

↓BOOKOFF は私のトモダチ



My favorite

ブレイブ・ストーリー (上)
ブレイブ・ストーリー

主人公・ワタルの冒険を通して現実世界の厳しさ、成長、友情、親子の愛情などが語られる。一見子供向けっぽいけど、実は大人向けのメッセージも込められてるように思う。勇気づけられました。



思いわずらうことなく愉しく生きよ
思いわずらうことなく愉しく生きよ

三人の姉妹はとても個性的で、ポリシーを持って生きていて、のびやか。
こんな家庭って結構いいかも。



ラッシュライフ
ラッシュライフ

面白い!いくつかの話の登場人物が少しずつ絡まっていて、最終的にニヤリとできるサスペンス。



暗いところで待ち合わせ
暗いところで待ち合わせ

ミチルとアキヒコの控えめだけど
温かい二人の交流のシーンが
すごく好き。



アクセスランキング

Copyright © いけこのBOOKレビュー All Rights Reserved.
Powerd by FC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。